Album

山陽堂書店

偶然見かけて入ってみたら、大坊さんご本人がいらっしゃり、コーヒーをごちそうになりました。 まだ余韻が残ってます。