Album

長島愛生園

We went to national sanatorium Nagashima Aiseien today to study about leprosy in Japan . Lepers were put into custody and isolated here by law. That law had kept until 1996. We studied about that history and discrimination and prejudge to lepers. 人権研修で長島愛生園に来ました。ハンセン病患者が強制収容され隔離されていた場所です。岡山は初の国立の収容所が出来た所です。今も回復者が島で暮らしてます。ハンセン病は戦後有効な治療法が見つかり、感染力も弱く治る病気とされていたにも関わらず、1996年までらい予防法によって隔離政策が認められていたそうです。差別と偏見の目は中々なくならないようです。今は歴史館もあり、回復者の話を聞いたり、人権勉強のために見学が出来たりできます。
Bath of antiseption solution. Patients were put in here at first. 消毒液の風呂。最初にここに浸からされ身体を消毒させられました。
Detention centre. 収容所の回春寮。
There was a pier here before. Patients said good bye to their family and many of them couldn't meet them again. 昔は桟橋があって、ハンセン病で連れて来られた人達はここで家族に別れを告げたそうです。