Album

Higashi-mikawa

愛知県東三河の源流となる宇連川(うれがわ)。別名板敷川とも呼ばれていて、その昔上流にダムが作られるまでは今の倍から3倍程度の水量のある急流で、もっと激しい景観だったそうで。見ていて何よりも驚くのは、硬質の岩盤地形の織りなす板敷のような川底で、時折海のように深い滝壺が点在すること。急流で大岩が流され、その大岩が川底に転がり円を描く間に深い穴を掘った「甌穴(おうけつ)」が深い緑を湛えていている。川そばで眺めると落ちたら帰ってこれないほどの景観をなしていて、初めて見た時は怖くて近づけなかった。 Train Window Window View Landscape Showcase May Travel Traveling Travel Photography Trip Train Ure-river Aichi Japan Higashimikawa Oku-mikawa Higashi-mikawa
時折、釣り人やカヌー下り、滝壺に飛び込む子供達を見かける。 Pothole Potholes Japan Aichi Higashi-mikawa Oku-mikawa Higashimikawa Ure-river Train Trip Travel Photography Traveling Travel Showcase May Landscape Window View Train Window
甌穴とは、よく言ったもんだなぁ…目の前で見ると、10メートル以上ありそうな深さに、泳げるのにたじろいでしまうのは自然のパワーなのかしらん。 Train Window Window View Landscape Showcase May Travel Traveling Travel Photography Trip Train Ure-river Higashimikawa Oku-mikawa Higashi-mikawa Aichi Japan Potholes Pothole
愛知県東三河は宇連川の甌穴。今よりも水量が多かった頃は、鮎が大量に遡上してきて、それだけで産業になったそう。長野県や奥三河を水源とする河川は水が豊富で山のミネラルにも恵まれていて、川魚もほとんど匂わず塩焼きや甘露煮にするとすこぶる美味い。初めて塩焼きを食べた時は、一人で三匹も食べてしまったほど。…別に単なる食いしん坊というわけではない。😅😋😅 Higashi-mikawa Oku-mikawa Higashimikawa Ure-river Aichi Japan Train Trip Travel Photography Traveling Travel Showcase May Landscape Window View Train Window
飛行機雲も映える青空。GWなだけに、登山客も多し。 Landscape Showcase May Travel Traveling Travel Photography Trip Train Train Station Higashimikawa Oku-mikawa Higashi-mikawa Aichi Japan
飯田線は東栄駅で下車。車やバスを乗り継いで、さらに奥地へ。 Touei-cho Oku-mikawa Higashi-mikawa Higashimikawa Aichi Japan Train Station Train Trip Travel Photography Traveling Travel Showcase May Landscape Training